BLOG

プルーン (9/4)

プルーンの枝が入荷したのですが、ポロポロと実が落ちたので拾っています。
実だけでもアレンジメントに使ったりしてます。
秋も近づきこれからお花も観葉植物も実もどんどん充実してきそうです。

とはいえ残暑が厳しい日が続いてます。暑い中コロナ対策でマスクをしていると顔の下半分
がまるでサウナスーツのごとく熱を持ち、このままだとほっそり小顔になりそうな予感。
さらに夏季休暇を含めたステイホーム中に家で少しの筋トレをし始めました。
冬頃には小顔で細マッチョになるはず。きっと。たぶん。

最近お店の前の道路が一方通行なことに気づかないお客様がご来店後逆走して帰られる場面を何度か
目撃しました。お店の前の道路は北から南への一方通行となります。
特にお帰りの際はお気をつけください。

 

夏季休業のお知らせ2020 (8/2)

2020年、いろいろありすぎてびっくりしてます。
落ち着かない毎日ですが、出来ることをして乗り切ろうと思います。
お店は通常営業しております。
コロナ対策でお客様には手指の消毒やマスクの着用、お店が混雑した場合の入店制限など
ご協力をお願いしております。
どうぞよろしくお願い致します。

先日までの長雨とコロナの影響で夏感全くないですが、下記日程は夏季休業となります。

夏季休業期間  令和2年8月13日(木)~8月20日(木)

お休み中はお電話・FAX・メール・WEBSHOPなどのご対応も停止致します。
ご連絡は8月21日(金)以降となります。

最近レジ袋が有料化となりました。
コンビニなどで「レジ袋いりますか?」等やり取りが増えるってことですが、
僕がよく利用する近所のコンビニの店員さんは僕が買い物をすると一言も喋らず
「3円のレジ袋」と「箸」を付けてくれて、「ポイントカード」と「おしぼり」はなし。
支払いは「クイックペイ」にして、こちらの支払いタッチを待ってくれます。
とてもスムーズです。
まれに現金で支払いたい時があるけどそれを伝える隙すら与えないスムーズさです。

 

縮小営業のお知らせ(4/10)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため縮小営業することにしました。
詳しくはこちらのページを確認下さい。

ご迷惑をお掛け致しますがどうぞよろしくお願い致します。

 

2020年もよろしくお願い致します。(1/24)

ムスカリです。もうこの時期毎年定番となりますが、良いものは良いですね。
球根好きな方に是非。

2020年が始まってもうすでに3週間以上も経つ。
今年こそ大いなる目標を打ち立て、それに向かって邁進する予定だったけど、
今のところ何一つ前進していないように感じるこのごろです。
今年もよろしくお願い致します。

暖かいです。暖冬です。
出番があるかどうか微妙な新調したばかりのスタッドレスタイヤをみながら、
1回ぐらいはなんとなく雪降らないかなと思っています。

 

子猫の里親を募集してます (11/18)

IMG_2410
IMG_2360
IMG_2339
IMG_2349
IMG_2371
IMG_2375

先日instagramでもご紹介しましたが、子猫の里親を探しています。
10月初めにお店付近で保護しました。生後4ヵ月~5ヵ月のとても仲の良い兄弟猫です。
ようやく人馴れしてきて、撫でることもできるようになりました。
2匹でいつも遊んでいるのでお留守番もできます。トイレも習得済。
ノミ・寄生虫駆除、猫ワクチン(1回目)済です。
末永く可愛がって頂けるける方、ご連絡お待ちしてます。(トライアル期間あり)

お電話 nii-B 058-215-7099 (担当:小木曽)

*里親さん見つかりました。たくさんのご連絡等ありがとうございました。
ただ1匹はウチで育てる事にしました。また紹介します。

 

カボチャ (9/29)



いろんなカボチャが入荷してます。大きなカボチャもあります。
ハロウィンの装飾やカボチャが好きな方に是非。

googleMAPのストリートビューで自分の地元の様子を見てみた。
僕の地元は田舎で大きくはない町だ。
グルっと見てみると通った保育園とかプラモデル屋とかお好み焼き屋とかは空き地だとか駐車場に
変わってた。けど40年近い年月が経っている割には街並みや景色の雰囲気は変わっていない。

懐かしいなぁと思いながらふと商店街の端っこにある自転車屋(現在は閉店)を見たとき、
それまですっかり忘れてた事を思い出した。

今から35年くらい前、僕が小学生の時だ。
僕はその日プラモデルを買って家路に急いでいた。早く買ったプラモを作りたかったんだと思う。
でもその自転車屋の前を通りがかるとお店のおじいさんが声をかけてきた。

「おい、おこずかいいらへんか?」

素直に言った。「ほしい」と。
おじいさんは僕を自転車屋の中に招き入れ、古びて錆びた1台の自転車の前に連れて行った。

「これでな、この荷台の錆びを落として、キレイになったらこのペンキを塗る。わかった?」

渡される金タワシと銀色のペンキ、そして筆。

おじいさんはお店奥にある小部屋に入る。すぐにテレビの音が聞こえだした。

純粋だった僕は金タワシでガチガチに錆びた自転車の荷台をこすり始めた。
サビはなかなか落ちない。それでもこずかい欲しさに頑張ってサビを落とした。
そのあと慎重に銀のペンキを荷台に塗った。手はサビと銀で変な色になってた。
たぶん作業完了まで3時間くらい頑張ったと思う。やっと終わった。
テレビ部屋のおじいさんに声をかける「おじさーーーん、おわったよ」
おじいさんは部屋で寝てた。寝起きの目を擦りながら、
「おわったか?」といい仕上げた自転車の荷台をまるで美術品を鑑定するかのようにチェックした。
「おつかれさん」そう言って微笑みながら100円くれた。

僕の人生初めてのバイトだった。お金を稼ぐのは大変なことを教わった。
でも今考えると100円は安いんじゃねえのか?今になって腹が立った。